さよなら監死カメラ、さよなら心霊ビデオ

この記事は監死カメラシリーズのネタバレを含みます。

というかほぼネタバレだけの内容です。 

f:id:kiratta:20170327012604j:plain

こっそりと監死カメラが終了してしまった。

数少ない独創性あふれる心霊ビデオシリーズだったので残念無念。

最終巻がこの手のビデオでは珍しく、きちんと作品世界にケリをつける幕引きだったので不満は無いのだけれども、これからの心霊ビデオ界隈を少し寂しく思う。特に今回のラストで、心霊廃墟マニアの菅野君が「心霊ビデオは飽和状態なんだ」とカメラに向かって独白するシーンが久々に胸を打ったので。

確かに心霊ビデオは粗製濫造状態、毎月追いきれないほど大量のチープな心霊ビデオが作られるため、雑食の映画好き達からも完全に愛想を尽かされてしまったのが本当に残念。中には少し光る作品も無くはないのだけれども、何せ弾数が多すぎるので、他の作品に埋もれてレンタルショップの店頭からもすぐに消えてしまう、本当に消費されるだけのジャンルになってしまった。

そんな中、男色霊、除霊猫、モジャモジャいましろたかし、といった独自路線を突き進んでいた監死カメラシリーズが、お化けの飽和を嘆いて幕を閉じる事にジャンルの終わりをリアルに感じたという話。

f:id:kiratta:20170418223414j:plain

菅野君が空に宇宙船を見つけ、心霊と決別しUFOを追うことを決意するラスト

17本続いた心霊シリーズはまさかの青空で終わった。

 

  

我々が普段目にしている世界は、本当に真実の世界なのであろうか?
人間の脳は無意識のうちに見なくてもいい情報を都合良くコントロールし、脳内で削除しているという。しかし、機械となればそうはいかない。気がつけば、我々の頭上には無数の監視カメラがある。その数は日本全国に400万台以上といわれている。1日に数千万時間以上撮られる監視カメラの映像。しかしそこに映っているのは果たして我々が目にしている世界と同じものなのだろうか。あなたの頭上の監視カメラは、時に、死の世界を見つめる眼差しとなる。
そこに写る怪奇な現象は死者の怨念や無念が形となり、我々に真実を伝えようとしているのかもしれない。

なまず映画、あるいは第二の選択

自主映画は守備範囲外なんだけれども、年末に柳下さんが「皆殺し映画通信ライブ」で絶賛していたので、ようやく重い腰を上げてなまず映画を観てきたよ。

上映会場は千駄木駅から坂道上って狭い道を進み10分、会場は記憶の蔵。

本日1回限りの上映。 
f:id:kiratta:20170220212713j:image

 各地を回っているせいか、看板もくたびれていた。

 

なまず映画と言われて、どれだけの映画ファンがチェックしているのかわからないので、まずは簡単に説明すると、天願大介監督(「デンデラ」「AIKI」の監督)が商業映画から自主映画に戻って作成している映画の事。なまずのように凶暴で悪食な映画を作成する事からきているらしい。

残念ながら映画は死んでしまったようなわけで、その後に残された監督の第二の選択が「なまず映画 」です。

自主映画と商業映画の境目が曖昧になっている昨今、自主映画回帰はそこまで珍しい話ではないけれども、なまず映画の面白いところはその上映形態で、普通の映画館では上映せずに、カフェや寺など様々な場所で上映するのが特徴。そもそも自由な作品が作れるはずの自主映画界隈であっても、劇場のスクリーンを使わせてもらうためには、上映による採算が見込めるのが絶対条件であり、自主映画といえども商業的な呪縛からは逃れられないわけだ。多くの自主映画監督が、上映してくれるスクリーンを探して四苦八苦して商業映画の縮小再生産映画を作成するなか、自分たちで勝手に映画を作って勝手に上映してやる!普通の映画館では上映できないような作品を好き勝手に作ってやる!という気概が感じ取れて、とても頼もしい。

映画が特別なものでは無くなってしまった現代にあって、自主上映というスタイルには、インターネットでチケット予約していつものシネコンに行くという、マンネリ化した行為からは得られない、興行的な面白さがあると思う。今回は千駄木の古い蔵を改築したイベントスペースでの上映だったのだが、蔵で映画を観るのはもちろん、千駄木という町に行くのも初めてで、地図を片手に会場を探したのも一つの体験だったと思う(というか迷子になった。)。今回を逃したら次回都内での上映会は4月、地方の人は近隣での上映を1回逃すと、次回がいつになるのか全く分からない。でも特別なイベントってのはこういうものなのではないかなと思うわけで。

 

そういえばこれは米俳優のクリスピン・グローヴァーチャリエンの痩せ男)が、自分の作った映像作品を持って各地を回っている話にも通じると思う。クリスピンは自分が作った映像の上映条件として、自分が立ち会わないと上映会はしないと宣言しているので(というか映画館にかけられるような内容ではないので)、この作品を日本で観るためには、数年ぶりの来日だった金沢のイベントまで行く必要があった。(行きたかったけど、金沢は遠かったため未見。)

クリスピン・グローヴァー監督「What is it ?」

f:id:kiratta:20170220214232j:plain

ダウン症の人々とカタツムリの冒険映画らしい。好き勝手にもほどがある。

 

インターネットでなんでも視聴できる時代に完全に逆行しているスタイルではあるけれども、そういうイベント感と興行がセットになった場に参加した時の高揚感は、特別なものがある。見世物小屋などで上映されていた、黎明期の映画なんかも同じ事が言えたんだろうなぁと思う。

今後、こういうイベント的なスタイルの上映会は増えていくと思っていて、好き勝手な作品を作れる作り手と、特別な興行を楽しむ観客とのwin-winな関係が築けるんじゃないかと思う。内向的な映画オタは嫌がるかもだけど。

 

さてさて、今回観れた2本の簡単な解説

 

天願大介監督「魔王」 

あらすじ

田舎に帰ってきた嘉子ねえちゃんが、町で暗躍する魔王と戦う

 

天願大介監督「赤の女王 牛る馬猪ふ」

あらすじ

魔王を倒した嘉子ねえちゃんが、次は呪いと戦う

 

あえてあらすじは詳しく書かない。

311後、世界は中心を失いメルトダウンを続けている。磁場のおかしくなった田舎町では日常が狂い始めている。そんな中で起きた異常な事件を、嘉子姉ちゃんが解決していく地域密着型エンターテイメント作品。基本的に狂っているので、とにかく次のシーンで何が起こるのかワクワクするためにも、ストーリーは調べずにみんな観に行こう。

お話はぶっ飛んでいるけれども作りは堅実で、魔王ではカットバック、赤の女王ではモンタージュといった基本技法に焦点を当ててエンターテイメントを構築しているあたり、本当にこだわって作品を作っているんだなぁと嬉しくなる。破天荒な作品を破天荒な撮影と破天荒な編集でぶち壊してしまうケースを沢山観てきたので、そのあたり技術のある監督が撮ると違うなと感心した。

2作目の赤の女王のラストで、物語はますます不穏度を増していったため、今年作成されるらしい第三弾もとにかく楽しみ。いったい次はどこで観られるのやら。

 

なまず映画終了後、千駄木から急ぎ池袋に移動。

そのまま新文芸坐ガイナックスオールナイト「王立宇宙軍オネアミスの翼」を観ようぜに参戦してきた。

場内に流れる王立宇宙軍の軍歌。高揚するオタかっこいいみんな。 

やっぱり特別な環境で観る映画は格別なものがあるなぁと、再認識したのでした。

 

果たして映画の復権はあるのだろうか、そしてそれはどんな形でやってくるのだろうか。オタらしく(おとなしく)楽しく見守っていきたいと思う。

2016年映画ベスト10

 2016年は映画大豊作の年だった。どうしちゃったの。

映画を見に行く側としては、どの映画を切ってどの映画を観に行けばいいのかの判断がすごい難しくなったし、チャレンジ感ある上映をしているミニシアターから足が遠のいてしまったような気がする。

だってヒューマントラストの未体験ゾーン特集とか、シネマカリテのカリコレなんかに行ってる場合じゃないくらい期待作目白押しなんだもの。それに加えてネット限定公開の映画やDVDスルー作品、最近やけに力の入っているドラマシリーズなど、そろそろ体力尽きた映画オタクがバタバタと倒れていくんじゃないかというくらいのコンテンツの充実ぶり。

ミニシアターもシネコンに対抗して各種イベントを催すようになり、時間もお金も足りません。それでたまに反省して、思わぬ拾いものを拾いにイメージフォーラムユーロスペースあたりに遠征して大火傷をしてくるのも、大事な映画体験だと思います。

 

さてさて、そんな盛り上がりを見せてる映画界隈、オタの明日はどっちなのかは分からないけれども、誰か最近はやりの映画コンに参加してきて感想を教えて頂けないものだろうか。これだけ複雑になっている映画界隈で、オタとオタは分かり合えるのだろうか。

毎年恒例のベスト映画、例年は5位までしか選ばないんだけども、今年は世間にならって10作品を選んでみました。(というか絞り切れなかった。今年はベスト20くらいでも良いくらい)その時々の気分で平気でランキングが乱高下する適当なランキングなので軽い気持ちで見てやってください。

 

映画秘宝とかキネ旬のベストと比べてみよう!

 

10位 「続きをしよう」 ※鬼談百景より

f:id:kiratta:20170120231008j:plain

「慚残」のスピンオフ短編集に収録の「続きをしよう」が恐ろしく出来が良かった。

墓地で勢いよく走りまわる大勢の子供たち。思いっきり転んだり、倒れてきた墓石の下敷きになったりと、1人また1人と大怪我をして帰っていく(かなりのゴア描写!)が遊びが終わる様子はない。次々と血まみれで笑顔で帰っていく子供、残って遊ぶ子供たちの表情が徐々に曇っていく。大怪我をしないと帰れない。このまま墓地に残ってしまうとどうなってしまうのか。短編映画とは思えない引き込みぶりで画面から目が離せなくなる。とうとう最後の1人になってしまった子供の前に・・・・例のアレが!

ホラー映画が怖いって思ったのはずいぶんと久しぶり。必要以上に爽快なスプラッタ―音と子供の笑顔が見事に不快。

ラストのあのシーンは演出力に自信がないとそうそう撮れないシーンだと思うんだけれども、良い監督に恵まれた作品だなぁと。

 

内藤瑛亮監督はデビュー作の「先生を流産させる会」で扱ったテーマが嫌いという理由だけで喰わず嫌いしていたけれども、本作を機にキチンと過去作も鑑賞しました。きっと数年もしたら邦画の大作映画を任されるんだろう。

さっそく映画じゃなくてホラーオムニバスビデオを入れてしまった。

 

9位 「シン・ゴジラ

f:id:kiratta:20170121005009j:plain

要は「ゴジラ」では無くて、夢にまで見た新井英樹の怪獣漫画「ザ・ワールド・イズ・マイン」の実写映画版なんだよね。

突如現れた怪獣に振り回される政府、それこそ首相から末端の公務員までを群像劇として描いた傑作漫画を、マイルドにかつアニメチックに庵野風の味付けにしてみました的な作品。「ザ・ワールド・イズ・マイン」を読んだ時の興奮が想起されるくらいにはよく出来ている映画だったかなと。

でもでも深作版の「シン・ゴジラ」が僕は見たいよ!(深作欣二が晩年に「ザ・ワールド・イズ・マイン」の実写化を目論んでいたとか)

 この映画、恐ろしく編集のテンポが良いのでただの会話シーンでもとても爽快感があるんだけど、これを往年の日本映画の演出テンポへの回帰・オマージュだと誉めている評論もあるけれども、どちらかというと深夜アニメのノリで演出しているんじゃないかなと思ってみたり。。。

 

庵野版の「実写キューティーハニー」を僕は昔大絶賛したので、「シン・ゴジラ」でもやってくれると信じてた。でも発生可能上映で「見せてもらおうか!庵野の実力とやらを!!」ってみんなで叫ぶのは、やっぱり恥ずかしいと思うぞ!

 

8位「星くず兄弟の新たな伝説」

f:id:kiratta:20170121011711j:plain

 東京国際映画祭のオールナイトで鑑賞。劇場公開はもう少し先になりそう。

手塚眞監督の「星くず兄弟の伝説」の30年ぶりの続編!という全くキャッチ―さの無いキャチコピーだけれども観てよかった。

自主映画の方が商業映画よりも面白いと言うわけでは無いけれども、自由に好きな物が撮れるのは間違いなく自主映画。自分が出資者だったら絶対に止めるようなとんでもない展開も監督が好き勝手に次々と作品に放り込んでくる。(本作は正気を疑うレベル)

監督が好き勝手にやっている作品なので、波長が合うか合わないか!好きか好きじゃないかだけの話なので、自分としては最高の作品だったけど他人に勧められるかどうかは自信が無い。

自主映画で商業映画の縮小再生産映画を作っている人にぜひ見てほしい。

クラウドファンディングで200万円払うとCGで作中に登場できるらしいんだけど、これは正直アリだと思う。お金ないけど。

a-port.asahi.com

  

7位「蜜のあわれ

f:id:kiratta:20170121024143j:plain

二階堂ふみちゃんが可愛い。

とても可愛い。

金魚の精霊ふみちゃん。

 「狂い咲きサンダーロード」「爆裂都市」を抑えて、石井岳龍監督最高傑作!

週1で見返したくなる可愛さ!

 

6位「エンド・オブ・キングダム

f:id:kiratta:20170121030634j:plain

 祭りだ!祭りだ!

ハリウッドが潤沢な予算をつぎ込んで作ったフェスティバルムービー第二弾!各国首脳が次々と盛大に暗殺されるシーンや、あくまで人海戦術と力技でロンドン中を襲撃するテロリストたちなど、盛り上がれば細かい事はいいんだよ!というマインドがスクリーンからあふれ出ている今年一番のほっこり映画。

前作の北朝鮮ホワイトハウスに攻めてくる展開も大好きだけれども、今回は建物ではなくロンドン中の市街地が戦場なので、より盛大なフェスティバルが楽しめる趣向となっている。正直ドラマパートは一切記憶に残っていないので、前作の設定とかキャラとかよく分からないし、今回仰々しく死んだアイツが誰だったかのかも良くわからなかったけど、細かい事は気にしちゃ祭りは楽しめないんだ。

 

アントワン・フークワ監督が今回外れたので、作品のテイストが変わってしまうのを懸念したけれども、ビックリするくらい何も変わっていなかった。どうなっているんだ。

続編もあるらしいので期待大。

ハリウッド毎年の恒例行事として永遠に作り続けてほしいシリーズ。

鉄砲バキューン!爆弾ドカーン!

 

5位「葛城事件」

f:id:kiratta:20170121031827j:plain

スーサイド・スクワッド」に出てくる犯罪者軍団より、よっぽど怖いよ三浦友和

監督の赤堀雅秋さん演出のお芝居を以前観たときに、日本の一般家庭の中にあるジメジメとして不穏で嫌な感じを表現するのが上手い人だなぁと思ったけれども、映画監督としての手腕も高かったようで日常系映画の極北ともいえる完成度。(不快指数マックス!未確認生命体マックス!)

とにかく出てくる飯が全部不味そう。

 レンタル屋での本作のジャンルがホラーじゃなくてドラマになってるんだけども、心に傷持つ家族の再生の話と勘違いしてみんなに借りてほしい。みんなもトラウマになればいい。

 

監督の前作「その夜の侍」も個人的には大ヒット。

劇団も活動休止してるみたいだし、このまま映画監督一本でいくのも有りだと思う。

  

4位「サウルの息子

f:id:kiratta:20170121141827p:plain

トラウマ映画といえば「サウルの息子」も生涯ベスト級のトラウマ映画。(葛城事件と違って良いトラウマ)

強制収容所で働くユダヤ人が、死んだ息子の埋葬をするために奔走するというストーリー的な面白さはもちろんの事、この手の映画としては考えられないくらい斬新な撮り方(全編ピンボケで肩越しからのスタンダードサイズ撮影)をしていて、かつそれが上手くいっているという稀有な例。いや奇跡。

「携帯電話で撮影しました」「全編ワンカットで撮りました」といった撮影技法を売りにしている作品の多くが手法ありきで作られているのに対して、この映画を撮るにあたってはこの技法以外は考えられないほど、作品のメッセージと撮影技法が融合していた。正直、作品世界に入り込み過ぎて途中から逃げたくなった。

 

ネメシュ・ラースロー監督が同じ撮り方で作った短編映画「With A Little Patience(原題:ちょっとの我慢)」も中々に強烈。

 ホラーも怖いけどホロコーストも怖いよ怖いよ。

  

3位「神様メール」 

 f:id:kiratta:20170121154635j:plain

ジャコ・ヴァン・ドルマル監督の映画は、いつも観終わった後に口ポカーンで「オッサン好き勝手な映画作りやがって!」(誉めている。)となる事が多いんだけれども、今回も最高だった。

お話の唐突さ、カトリーヌ・ドヌーブがゴリラと付き合うあたりの説得力の無さとか(ゴリラっぽいオバサンって以外の理由が見当たらない)ラストの奇跡のくだらなさとか、今回も監督の頭の中にあるイメージだけで映画一本やり切ったね、と心の中で拍手喝采。細かい事はいいんだよ!(重要)

ベルギーはジャコ・ヴァン・ドルマル監督に好きなだけ予算を与えて、自由に映画を撮らせ続けるべきだと思う。 

 まさかのTOHO系映画館でがっつり全国公開されていたから、ポップで可愛いガールズムービーをイメージして観に行った人が沢山いたんだろうな。

自分の突いてほしいツボを存分に押して貰えたので、これはDVD買っておこうと思う。

 

 2位「みかんの丘」

f:id:kiratta:20170122000013j:plain

コーカサスの国グルジアで起きた紛争を背景に人間の尊厳を描いた小品。

語り口がとにかくスマート。テーマが難解だからといって映画自体を殊更に難解にする必要は無いよなと感心。作劇的な起伏、登場人物に舞台設定などを極限まで削ぎおとして、キレイに作品の本質だけが残ったような、下手をするとテレビドラマ並みに平坦になりかねないところを演出で見事にカバーしていて信じられない。アブハジア紛争に興味が無い人でも、紛争と人間について少なからず何かを感じ取れる事ができるはず。

馬鹿にも薦められる紛争映画ってキャッチコピーを付けたい←

こういう万人向けの映画こそ、岩波の客層じゃなくてピカデリーのみんなに観てほしいんだけど、どうすればよいんだ。

岩波のご年配方だけの映画にしておくのは本当にもったいない。

 

 岩波つながりで、エルマンノ・オルミ監督の新作「緑はよみがえる」が、観たときはそこまでではなかったけど、余韻がいつまでも尾を引く良作だった。今回の監督賞はオルミで。

  

 1位「この世界の片隅に

f:id:kiratta:20170122033523j:plain

の、のんちゃーん

あらゆる人が全方向から誉めているんで、僕としては何も付け加える事が無いんだけれども。きっとこの作品はこれから何年後かにテレビ放送されて、国民的なアニメとしてジブリ作品同様に日本中から愛される作品になるんだろうなって確信してる。

今まで映画上映後にスクリーンに向かってする拍手って意味ないなと思ってたけど、この作品に関しては上映終了後に無心で拍手をしてしまった。

そういえば映画館で同じ映画を2回観たのは初めて。 

何も言わずにみんなももう1回観に行こう!

  

以上。

2016年は楽しみな映画が多すぎて人生で一番映画館に行った年だと思う。

基本雑食系で色々見ているけれども、「スーパーヒーロー映画は見ない」「邦画の自主映画はそんなに追わない」「旧作は必要に応じて観る」あたりの心理的ブレーキがまだ僕にはあるので(ガバガバだけど)本当に何でも観る映画オタの人は、今年過労で死んじゃったんじゃなかろうか。

「ポッピンQ」とか「スラヴォイ・ジジェクの倒錯的映画ガイド」とか「ディーパンの闘い」とか「クーパー家の晩餐会」どか、語り始めると終わらないほどまだまだ良作が沢山あった年だったので、2017も良い映画に沢山巡り合えると良いと思います。

さすがに観る本数は減らそうかなと。

 

2016年映画ベスト10 

1「この世界の片隅に

2「みかんの丘」

3「神様メール」

4「サウルの息子

5「葛城事件」

6「エンド・オブ・キングダム

7「蜜のあわれ

8「星くず兄弟の新たな伝説」

9「シン・ゴジラ

10「鬼談百景」